創業 慶応元年 京菓子の老舗 甘春堂
075-561-4019 【営業時間】 9:00〜18:00
スペース

京都・大仏餅

方広寺門前の大仏餅店の様子。『都名所図会』より

京都の大仏餅は当時、諸国に知られた洛東名物でございました。
その始まりは、文禄4年(1595年)太閤秀吉の命により造立された京の大仏・盧舎那大仏が安置されていた方広寺門前の老舗が自慢の餅を販売したのが始まりです。

1780年(安永9年)・江戸時代後期に刊行された京都に関する地誌「都名所図会」には、「大仏餅の濫觴(らんしょう)は、すなはち方広寺大仏建立の時よりこの銘を蒙り、売り弘めける。その味、美にして煎(に)るに蕩(とろ)けず、炙(あぶ)るに芳(かんばしう)して、陸放翁が炊餅、東坡(とうば)が湯餅にもおとらざる名品なり(大仏餅は方広寺の大仏殿建立のときにはじまり、味よく、煮てもとけず、あぶると香ばしく、唐・もろこし(中国)の絶品にも負けない)」とあります。

また、南総里見八犬伝で有名な、滝沢馬琴は、京・大坂を旅した際の旅行記の「羇旅漫録(きりょまんろく)」に、京の大仏餅についてこのように記しています「江戸の羽二重餅に似て餡をうちにつつめり。味ひ甚だ佳なり」。

甘春堂の大仏餅は当時と同じ製法にこだわり、材料に品質の良いもち米を使い、杵と石臼にて職人が丁寧につき、『京大仏』の焼き印を押した昔ながらの餅菓子となっております。また、京の童歌「京の 京の 大仏つぁんは 天火で焼けてな、ありゃドンドンドン こりゃドンドンドン」を模して、一文字の天火にて裏を焼き上げたお餅となっております。江戸より京の町衆が愛した大仏餅をご賞味いかがでしょうか

 

大仏餅

大仏餅

やわらか〜くついた白いお餅の中に、
甘春堂謹製の餡を包み込み仕上げました。

甘春堂の大仏餅アップ画像 都名所図の杵つきの図甘春堂の杵つきの図

当時と同じ『京大佛』の焼き印を押しました。

当時と同じ、石臼と杵つきに職人がお餅をついてます。
販売期間 通年
商品名   価格
(税込)
商品番号 賞味期限
製造より3日間
甘春堂の大仏餅 小さい画像
大仏餅(単品)
1個 130円


daibutsumochi-bara


購入こちらボタン

甘春堂の大仏餅 小さい画像
大仏餅(5個袋入り)
5個 648円

daibutsumochi-5

購入こちらボタン

甘春堂の大仏餅 小さい画像
大仏餅(6個 箱入り)

6個 832円

daibutsumochi-set6

購入こちらボタン
甘春堂の大仏餅 小さい画像
大仏餅(12個 箱入り)
12個 1664円

daibutsumochi-set12

購入こちらボタン

コチラの商品もお勧めです。いかがでしょうか?


  • キーワード:
  • 甘春堂
  • 大仏餅