創業 慶応元年 京菓子の老舗 甘春堂
075-561-4019 【営業時間】 9:00〜18:00
スペース

冬のお菓子(お正月菓子)
京都ではお正月だけにいただくお菓子があります。

貝合せは平安時代、王朝貴族によって行われた歌合せの一種です。

その後、内側に彩色をほどこし和歌を加えたものを左右に分けて、ぴったり合う貝の数を競った貝覆いが、現今の貝合せとなったと伝えられております。

この菓子は身体に良いとされる葛と蕨を用い季節によって中身を変えて、王朝の雅を伝えたく仕上げました。

季節に応じて、中身のあんが変わります。

桜あん
抹茶あん
柚子あん
黒豆と金粉
季節ごとの香りと食感を、ご賞味下さいませ

京都ならではのお正月菓子、期間限定での取り扱いとなっておりますので、ぜひご賞味ください。

(お申し込みはお早めに。)
貝合せ(黒豆)
おめでたい蛤(はまぐり)に、葛と蕨で黒豆を包み込みました。その上に金粉を散らしております。

お正月には最適の生菓子です。


日持ち4〜5日程度
涼しいところで保存
賞味期間 約4日程度 販売期間 11月上旬 〜 1月下旬
商品名     ショッピングカートもご利用頂けます

貝合せ単品
   
購入こちらボタン

貝合せ(3個入)
   
購入こちらボタン

貝合せ(5個入)
   
購入こちらボタン
貝合せ混合(3個入)
柚子あん 黒豆と金粉
こちらの商品は両方の商品がある場合のみ詰合せ可能となります
   
購入こちらボタン
貝合せ混合(5個入)
柚子あん 黒豆と金粉
こちらの商品は両方の商品がある場合のみ詰合せ可能となります
   
購入こちらボタン

[お正月菓子のトップへ戻る] [その他の冬のお菓子を見る]


コチラの商品もお勧めです。いかがでしょうか?


  • キーワード:
  • 甘春堂