創業 慶応元年 京菓子の老舗 甘春堂
075-561-4019 【営業時間】 9:00〜18:00
スペース

七夕の和菓子

夏のお菓子
涼しげな夏を演出する粋なお菓子たち(夏季限定商品)


七タは、中国の「乞巧奠(きっこうでん)」に由来すると、言われています。古来中国では、白光を放つ二つの星、牽牛、織女をそれぞれ農耕を司る星、養蚕や染織を司る星と考えていました。人々は芸の上達を祈って祭を行い、それが発展して、わが国では奈良時代に宮中の儀式として行うようになりました。室町時代以降には、娯楽の面が盛んになり、歌合せ、けまり、碁、花、貝合せ、楊弓、香など七種の遊びが行なわれるようになりました。七タの竹の風習は、民間にもこの行事が広まってからのことで、本来は送り神に託して竹につけた人形を流し、穢れを払う「七タ流し」に始まったものだと言われています。

七夕伝説は、世界各地にあり、中には羽衣に関係したものや、農耕に関係したものなど、諸説分かれています。私たちに馴染みの深いものは、「仲のいい夫婦だった織姫と彦星が、天の神様の怒りに触れ、仲を引き裂かれてしまう。1年にたった1度だけ、7月7日の日に天の川をわたることが許されるようになった」という伝説があります。そして、雨が降ると川の水かさが増して川を渡ることができないので、「かささぎ」という鳥が白い橋となって、二人を会わせてくれるというわけです。

ロマンチックな伝説にあやかって、素敵な夜を迎えたいものですね。

七夕伝説を分かりやすく説明したサイト ⇒Web絵本「たなばた」

七夕の創作上生菓子
七夕の創作上生菓子
七夕の和菓子・干菓子
七夕の干菓子
七夕の創作上生菓子
七夕の季節工芸菓・天の川
新商品!!
七夕の創作上生菓子


A.天の織音(はたおと)
(ねりきり・こしあん製)
パタンパタン・・・七夕の夜は、
この音もお休みです。

B.七夕の想い
(くず製・紅あん製)
織姫の恋心を表現しました。

C.宇宙(そら)
(ねりきり・こしあん製)
無限に広がる宇宙と、
散らばる星を表現しました。

D.願いごと
(きんとん・つぶあん製)
笹につるした短冊に、思いを込める
子どもたちの姿も楽しげです



E.金銀の星
(きんとん・つぶあん製)
きらめく星々を金箔・銀箔で
表わしています。

F.かささぎの橋
(ういろ・白あん製)
雨が降る七夕の夜には、
白いかささぎが橋となって、
二人を会わせてくれるそうです。



G.星に願いを
(くず製)
七夕に涼を添える、
くず製のお菓子です。

 

賞味期間 約2・3日 6月28日〜8月8日まで
商品名   価格(税込) ショッピングカートもご利用になれます

簡易箱
七夕の上生菓子
詰合せ6個入り
(簡易箱)
1箱 2592円





上生菓子 化粧箱入り
七夕の上生菓子詰合せ6個入り
(化粧箱)
1箱 2808円




七夕の上生菓子詰合せ7個と
「七夕の干菓子」

(簡易箱)
1箱 3402円




七夕の上生菓子詰合せ7個と
「七夕の干菓子」
(化粧箱)
1箱 3672円




七夕の上生菓子(単品)
(簡易箱にお入れいたします)
下記をお読み下さい。
1個 432円




上生菓子単品のご注文について
例えば「A.天の織音」を3個ご注文の場合、ショッピングカートの場合は菓銘の指定ごとに「カゴに入れる」を押して下さい。
化粧箱入り 540円
  「七夕のお干菓子」が出来ました。
クリヤボックス(378円)

化粧箱入りドラジェタイプ(クリアボックス入り)の2種類です。

化粧箱入りは、七夕伝説にちなみ、織り姫の「糸巻き」(和三盆)や、天の川を表す「鳴門(水)」、つがいになった「千鳥」(和三盆)と「金魚」が入っています。星はシャリシャリとした食感が楽しい錦玉製。季節感あふれるお干菓子は、パステルカラーで仕上げてあり、とってもキレイです。

ドラジェタイプは、七夕モチーフの干菓子と、この時期オススメの季節の干菓子をセレクトして、お詰めしています(季節に応じて、中身が変わります)。

賞味期間 約1ヶ月 販売期間 6月下旬〜8月8日まで
商品概要 商品名
【商品番号】
価格
(税込)
ショッピングカートもご利用頂けます


クリアボックスの大きさ6p×6p×3.5p

※リボンのお色はイメージです

「七夕の干菓子」
(クリアボックス)

【Tanabata-cbox-3】
378




化粧箱入り(1段)
箱の大きさ7.5p×9p×2p
「七夕の干菓子」
(化粧箱入)

【Tanabata-h5】
540





七夕用お干菓子
糸巻き・星・水など
303円〜 お好きなお干菓子をピックアップして下さい。七夕のお茶会などにオススメです。
(from 御干菓子コレクション
季節工芸菓「天の川」
七夕の御菓子・天の川

織女し 船乗りすらし 真澄鏡 きよき月夜に 雲起ちわたる(大伴家持 『万葉集』)

七夕伝説は、古来『万葉集』にも詠われるほど、日本人に親しみ深い行事です。


織姫と彦星が渡るといわれる天の川に想いを馳せ、天に煌めく星の姿をお菓子にしたのが、この季節工芸菓「天の川」です。粒あんと琥珀羹で出来ています。

何層ものきらびやかな色を重ねながら、ロマンチックな雰囲気に仕上げました。
お菓子のそぼろで無数に散らばる星屑を表しております。

何層にも流し込み仕上げる、大変手間のかかるお菓子です。手間ひまかけた、遊び心ある手作り菓子をお楽しみくださいませ。

期間限定ですので、お早めにお申し込みください。

 

 

織姫と彦星が渡るといわれる天の川に想いを馳せ、天にきらめく星の姿をお菓子にしました。粒あんと琥珀羹で出来ています。お菓子のそぼろで無数に散らばる星屑を表しています。幻想的な色使いがポイントです。

賞味期間 約30日間程度 販売期間 6月13日〜8月8日
商品名 価格
(税込)
商品番号  
天の川七夕の天の川 1棹サイズ
1350円
(5〜6人前)
Amano-L





半棹サイズ918円
(3〜4人前)
Amano-S





流れ星に願いを込めて・・・。夢いっぱいの素敵な夜をお過ごし下さい。

[その他の夏のお菓子を見る] [お菓子の歳時記のページへ]


コチラの商品もお勧めです。いかがでしょうか?


  • キーワード:
  • 甘春堂