四季の移ろいも麗しき、
鴨川のほとりにそっと揺れる
京菓匠の暖簾は、代々伝わる
技と心を受け継ぎながら
風趣に富む京菓子の極みを
今もって求め、こしらえ続ける。

守り続ける銘菓

その昔、方広寺の大仏詣になると
決まって賑わう一軒の茶屋があった。
その店から生まれた銘菓こそが、
今もって人々に愛され続ける所以である。

門外不出の職人技

その昔、茶人たちが愛した粋な遊び心を
忘れることなく、日々の仕事に思いを馳せる。
「茶壽器」を始め、当家の妙趣に富む
菓子は、ゆえに門外不出の技となる。

PAGE TOP